超大型19号台风形成,预计12日到达日本


大型で猛烈な台風19号は8日午前、日本のはるか南の海上を西寄りに進んだ。今後、勢力はやや衰えるが北上し、12日から13日にかけて暴風域を伴って九州や四国、本州に接近する恐れがある。週末からの3連休は全国的に広い範囲で暴風や高波、大雨となる可能性があり、気象庁は注意を呼びかけている。

大型台风19号正在向日本的

同庁によると、8日午前9時現在、台風19号はマリアナ諸島付近を時速25キロで西北西へ進んでいる。中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速55メートル、最大瞬間風速は75メートルとなっている。

また台風の北上に伴い、小笠原諸島は9日から、沖縄や奄美地方では10日から大しけとなる恐れがあり、高波や暴風に注意が必要だ。西日本と東日本の太平洋側では11日ごろから高波となる恐れがある。台風の動きによっては、西日本から北海道までの広い範囲で12日ごろから暴風や大雨となる可能性があるという。


编辑:朝日新闻

关键字:台风