機嫌が悪い/気持ちが悪い/気分が悪い 有何区别?


首先分别来看一下「機嫌」「気分」「気持ち」这三个词的意思。


「機嫌」:多是用来形容暂时的心理状态(一時的な心の有り様を言うことが多い),而且只能用「良い」「悪い」来修饰;


「気分」:不如「気持ち」的感情状态持久,类似于「機嫌」多表示暂时的心理状态,但是需要注意的是「気分」多是从肉体,健康状况等生理感受出发来阐述心情的(単なる心持ちというよりは肉体的な状態、健康状態との関連から述べられることが多い);


「気持ち」:在这三个词中使用范围最广,它指内心所处的状态(心のおかれている状態),具体的说就是“嬉しい”“悲しい”“寂しい”等各种心情;因此就有了「嬉しい気持ち」「悲しい気持ち」等表达,另外,它还有“思想准备,精神准备”的意思。


结合刚刚的词语辨析,一起来学习下「機嫌が悪い」「気持ちが悪い」「気分が悪い」的区别:

「機嫌が悪い」:一般是指暂时的心情受到了不好的影响(一般に一時的に感情を損ねている状態をいいます)。例如可以用在焦躁不安的时候;


「気分が悪い」:分两种情况:第一,如果心情变差的诱导因素是在外,那就是表达对这个外在因素的不快、不悦;第二,如果这个诱导因素是在内,那就是表达身体状况、生理状况不佳。(気分が悪くなった要因が外にあれば、その対象(要因)に対して快くない感情を抱いている状態をいうし、要因が内にあれば体調などが優れない状態をいう)


「気持ちが悪い」: 也可以用来表达身体不舒服,但是如果将某物或者某事作为叙述对象的话,那就是表达对这个对象本身的厌恶。(また体調が優れない場合にも用いるが、物あるいは出来事を対象として「気持ちが悪い」と言った場合には、その対象に対して嫌悪感を抱いているという意味)我们常听到日本人讨厌某人或某物时会说的「気もい」就是这种用法,属于「気持ちが悪い」的简略表达。


编辑:日语学习菌

关键字:機嫌